イベント豆知識.com

イベント事や豆知識をお伝えします。

豊橋祇園祭2016の日程・穴場スポットは?桟敷席と駐車場情報

   

豊橋祇園祭 手筒花火

http://hanabi-guide.com/aichi/958.php

打ち上げ花火と手筒花火の両方を楽しめる花火大会を知っていますか?
それは豊橋祇園祭です。愛知県豊橋市の吉田神社と呼ばれる場所で毎年花火を見ることができます。
1558年(元禄元年)から続く伝統ある花火大会で、たくさんの花火が見に来る人を魅了し、2016年ももちろん豊橋祇園祭で行われます。

通常は7月中に4日間毎年行われるのですが、今年の最新の情報が何より気になりますよね。
日程や穴場のスポットを詳しく知りたいという方はこの記事を参考にしてみて下さい。

また桟敷席と駐車場の情報もまとめてあります。

スポンサーリンク

 

豊橋祇園祭2016年の日程は?

豊橋祇園祭 

https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&ved=0ahUKEwi7m-W_3KvNAhWDF6YKHREVCaIQjB0IBg&url=http%3A%2F%2Fphotozou.jp%2Fphoto%2Fshow%2F228423%2F149898453&psig=AFQjCNFqdl-khM3EuNOcHTH6QIIGrmd2cA&ust=1466137968776960

豊橋祇園祭の2016年の日程は以下の通りです。

開催期間:7月14~17日(花火が見れるのは15、16日です。)
開催場所:吉田神社

順番に一日ずつ詳しく解説していきますね。

14日は花火はあがりません。子どもの笹踊りが計画されています。子どもたちの一生懸命な踊りを見ることができますよ。
時間:午後3時~午後5時

15日は手筒花火がメインです。前前夜祭ということで300本の手筒花火が準備されています。楽しみですね。
時間:午後6時30分~午後10時頃

16日は前夜祭です。花火は300本の手筒花火と打ち上げ花火1万2先発が予定されています。
場所は豊川河畔です。
時間:

  • 午前8時から30分
  • 午前11時から2時間程
  • 午後6時から1時間

昼間も花火を楽しめるという点が良いですよね。

17日はみこし渡御が午後1時30分からあります。

スポンサーリンク

 

穴場スポットの情報

豊橋祇園祭 愛知県 豊橋公園

豊橋公園

穴場のスポットとしては豊橋公園がおすすめです。芝生の上で見物できるのでありがたいですよね。また公園の中の三の丸会館、吉田城近辺から見るのも良いと思います。もちろん芝生です。
人気の穴場スポットなので、早めに場所取りしたいですね。

JR飯田線・下地駅(しもじえき)近くの河川敷

打ち上げ場所から2Km離れてますが、視界を遮るものは何もなく、花火全体が見れるオススメ穴場スポットです。

アピタ向山店・バロー豊橋店

打ち上げ会場から離れているため、少し物足りないかもしれませんが、屋上の駐車場で花火を鑑賞することができます。トイレの心配がないのがとても良いですね。

 

桟敷席と駐車場の関連情報

有料ですが桟敷席があります。河川敷に木材で立てたマス席は1人4000円です。(税込)
また階段席もあります。石階段に作られた席で腰かける感じなので思ったよりも楽に鑑賞できますよ。ここも1人4000円です。(税込)合計15000席用意されています。

なお桟敷券が必要になるのは3歳以上のお子様からです。
電話、セブンチケット、チケットぴあでも受付を行っています。

駐車場の情報

002797_20080811185938東名高速道路を豊川インターチェンジで下ります。
国道151号線から国道1号線を通り豊橋市内に向かいます。豊川インターチェンジを下りてから約20分ほどで着きますが会場には残念ながら駐車場はありません。

近場の駐車場を利用することになりますが、市役所付近には300台の車を駐車できる有料駐車場があります。または豊橋駅前に駐車場があります。もっと近い駐車場に停めたいという方はコインパーキングがあります。例えば、名鉄協商豊橋新橋本町駐車場は24時間10台まで停めることができます。当日は交通規制が行われますので早めに車の駐車場所を見つけておきましょう。

・名鉄協商豊橋市役所前:全日–40分100円、12時間 800円
・名鉄協商豊橋花園町:全日–30分100円、24時間1000円
・松葉公園地下駐車場:30分150円、1泊(2時-8時)620円

豊橋駅から近く歩いていける距離ですよ。

豊橋祇園祭は伝統のある豊橋の大きなイベントの一つです。
手筒花火と打ち上げ花火、どちらも見ることができますので今から計画していきましょうね。

スポンサーリンク