イベント豆知識.com

イベント事や豆知識をお伝えします。

なばなの里イルミネーション2016-2017の期間と時間は?混雑状況と料金駐車場情報

   

三重県桑名市にあるナガシマリゾート「なばなの里」のイルミネーションは国内最大級で毎年多くの人が訪れます。

これまでの実績は全国イルミネーションランキング 3年連続1位 東海地区主要施設総入場者数9年連続第1位で名実ともに1位です。

「なばなの里」とは長島観光開発株式会社が運営するナガシマリゾートの1施設でふだんは植物園です。

「なばなの里」は植物園としても有名でお花畑13000坪のなかに梅、チューリップひまわりコスモスなど季節の花が一年を通して咲き誇る場所です。

秋から冬にかけてはベコニア、バラ、ダリア、コスモスなどが見頃となっています。

満開のお花畑で写真撮影をされる方が大勢いらっしゃいますよ。

そして秋から冬にかけての楽しみなイベントは豪華絢爛でスケールの大きいイルミネーションですね。

「なばなの里」では毎年たくさんの来場者が見込まれ無料の駐車場も完備しファミリーやカップルが安心して行く冬の観光地として定着しています。

なばなの里イルミネーションの期間と時間混雑状況と料金駐車場情報をお伝えします。

スポンサーリンク

 

2016年のイルミネーションの期間と時間は?

期間:2016年10月15日(土)~2017年5月7日(日)
時間:9時~22時の間、開演していますがイルミネーション点灯時間は17:00ごろから閉園までになっていて季節によって前後します。

10月から5月まで7か月間とずいぶん長期間の開催ですね。

毎年楽しみにしている人が大勢いるリピータの多いイベントで出掛けて間違いない規模の大きいイルミネーションだとうかがえます。

なばなの里のイルミネーションとは

毎年趣向を凝らしたイルミネーションが見られ多くの人が来場します。

今年のメイン会場は、なばなの里史上最大で高さ約30m横幅約155mの巨大スケールで開催されます。

それに、こだわりとして「なばなの里」ではプロジェクションマッピングなど一切使用しないで電球のみ使用されています。

その壮大な絶景は本物の電球の美しい輝きなどあかりにこだわり「本物」を追及していくことのみで表すことができるイルミネーショです。

イルミネーションの会場では正面ゲートからツインツリー、光の雲海、光のトンネル、水上イルミネーションと光の競演が繰り広げられます。

念のためですがイルミネーションの会場は左回りで見ていきますよ。

正面ゲート入ってすぐ光の雲海とツインツリーを見ながら進んでいくと水上イルミネーションが見えてきます。

そして光のトンネル(光の回廊)の奥がメイン会場となります。

ツインツリーは「なばなの里」のシンボルツリーで幻想的に光り輝くツリーです。

チャペルの鐘の音を合図に点灯し夢のような光の競演の始まりです。

このツインツリーは高さ20mの巨木、ヒマラヤスギで隣接のチャペルでは結婚式も行われるような神聖な場所にありフォトスポットでもあります。

光の雲海はビール園前広場にあり一面ブルーの雲海の中に小道がありその先にクリスタルホワイトのアーチがいくつか飾られています。

ここはカップルに一番人気でそのアーチを通り抜けたカップルはしあわせになるという伝説が口コミで広がっています。

カップルが幸せになるためにはアーチの先に見えるチャペルに向かって歩くとよいといわれていますよ。

次は水上イルミネーションです。

水の上でのイルミネーションは全国でも珍しく幅約5m長さ120mの光の川は躍動感あふれる川の流れを表現しています。

約10分間の演出で640億個のLEDの電球をコンピューターで制御しているという完ぺきな美しさで木曽の3つの川を光で表現しています。

ここの人気スポットはチャペル対岸の橋の上が絶景ですよ。

光のトンネルは華回廊ともいわれお花の形をした電球で表現されています。

その200mもある回廊は白熱電球のメイプル色(はちみつ色)の光で人々の心を和ませます。

そしていよいよ待ち受けるのがメイン会場のイルミネーションです。

今年のテーマは「大地」でアメリカ大陸 南極大陸 アフリカ大陸 ユーラシア大陸 日本を代表する美しい景色の5つの絶景がみられます。

「世界四大大陸の秘境をはじめ日本が世界に誇る絶景まで自然が作る雄大で豊かな美しい景観や想像を超える移ろいの情景を国内最大級の想像を絶するスケールと世界最高峰のプログラミング技術により色鮮やかに表現力豊かに演出します。」

http://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/illumination/feature06.html/

光の束ということを忘れるようなイルミネーションは漆黒の宇宙空間の中、時空をまたぎ異次元世界へ飛び立つような荘厳美を表出します。

そしてイルミネーションを観終わった後には1本の素晴らしい映画を見たような感動が押し寄せます。

カップルだけでなく家族全員で楽しめること間違いなしのエンターテイメントが満喫できます。

スポンサーリンク

 

混雑状況

「なばなの里」のイルミネーションには多くの人の来場が見込まれます。

毎年土曜日曜祝日、連休、クリスマスシーズンは混雑が避けられません。

どうしても都合で混雑している曜日しか行けないという場合は一般的に夜20:00以降なら比較的すいているのでお勧めです。

混んでいても無料駐車場は確保できますので心配はないです。

すいている曜日は月曜日が祝日でない日曜日の20:00以降か平日ということになります。

また雨だと外出を控える人が比較的多く会場がすいていることがあります。

雨の日でも思い切って行ってみると雨に煙るイルミネーションが幻想的でよかったといわれる人もいます。

来援するときは時間短縮になるのであらかじめ前売り券を買っておくことをお勧めします。(当日チケットの購入の列で時間がかかるため)

前売り券が購入できるところはコンビニ (サークルケイサンクス セブンイレブン)湾岸長島パークングエリア売店(上下線とも)にあります。

料金

入村料は2300円(小学生以上)ですが園内で利用できる1000円の金券付で販売しています。

駐車場情報

「なまなの里」までの名古屋からのアクセスは名古屋高速・伊勢湾岸自動車道を30分ほど走ると湾岸長島ICが見えてきます。

そこを降りて一般道を案内を見ながら15分ほど走ってすぐのところです。

5700台も無料駐車場が用意してありますが混雑するため車で来場の場合はピークの時間帯をずらして来場するといいですよ。

また平日19時以降土日祝は20時以降に帰宅する人が増えるためそのころに車で来場するとアクセスが快適になります。

終日3000台の無料駐車場があり混雑時には2700台の臨時無料駐車場を増設しているため合計5700台の無料駐車場を完備しています。

カーナビゲーション設定住所は、〒511-1144三重県桑名市長島町駒江漆畑270です。

念のため混雑が著しい連休や土日祝日クリスマスシーズンは長嶋リゾートの駐車場との連携「無料パーク&ライド」(特定日)が実施されます。

ナガシマリゾートの駐車場から無料シャトルバスで「なばなの里」まで往復運航してくれるので安心です。

www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/index.html/

至れり尽くせりのナガシマリゾートさすがです。

もう心配はないですね。

後は出発のみです。

今年の冬は「なばなの里」イルミネーションにぜひ行ってみたいですね。

「なばなの里」ならカップルはロマンチックに、ファミリーにはゴージャスな夜を満喫できるに違いありません。

スポンサーリンク