イベント豆知識.com

イベント事や豆知識をお伝えします。

Monetha(MTH)を買える取引所は?今後伸びるのか?

   

Monetha(MTH) 取引所 伸びる

http://shun358.com/?p=326

Monetha(MTH)ってどんなコイン?

ビットコインもそうでしたが、

価値がつくとメディアなどで取り上げられる機会が増えるので、さらに希少性が増し高騰しますね。

Monetha(モニーサ)は、未公開プレセールでも短時間で完売した期待のコインです。

Monethaが初期から注目を浴びた理由、今後どのような伸びを見せるのか、期待のコイン「Monetha(MTH)」についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

Monetha(MTH)が目指すところは?

Monetha(MTH) 取引所 伸びる

https://codemoneys.com/

Monetha(MTH)が目指すところは、販売者と購入者を結びつけることです。

ネットショッピングをもっと便利にすることで、双方にメリットを見出そうとしているのです。

現在のネットショッピングでは、クレジットカードなどで支払いを済ませようとすると、

購入者側は手数料の負担、販売者側はカード決済の利用料を支払う仕組みになっています。

この決済にかかる余分な手続きをなくすことができたら、

コスト面の削減だけでなく、支払いや受領もダイレクトに行われるというわけです。

しかし、相手が本当に信頼のおける相手なのか、わからなければどんなに良いシステムでも利用促進は進みませんよね。

ネット上における取引を透明化させることで、初対面の相手であっても「信頼」がおける相手であるかを判断できるようにしようとしているのです。

仮想通貨は、どこでどんな取引をしたのか履歴が残ります。

仮想通貨自体が、利用する全員に不正などが起きてないか監視する義務があります。

イーサリウムの分散型信頼評判システムをベースに、

世界の顧客・商人から信頼して使ってもらえるシステムの構築を完全化させ、小売業や企業向けのシステムを開発していくようです。

Monethaは、取引を双方が評価をしあうことで「信頼・実績」を消えることや改ざんしようのないブロックチェーン上に記録し、その後の取引に役立てようとしているのです。

もし、このシステムが構築されたら画期的ですね。

こうなれば、さまざまな相手と流通がスマートなものになるのではないでしょうか。

Monetha(MTH)を買える取引所は?

現在Monetha(MTH)を購入できる取引所でおすすめなのがBINANCEです。

中国取引所でさまざまなコインを扱っています。

Monethaの大半がこのBINANCEで取引されています。

残念ながら、Monethaは日本での取引がないため、日本の取引所でまず登録し、BTCかETHを購入します。

BINANCEを登録して、日本から送金し、BTCかETHでMonetha(MTH)を購入するようになります。

ちなみにBINANCEは日本語対応があり、手数料も0,1%です。

BINANCE公式⇒https://www.binance.com/?ref=26351511

今後伸びが期待できるコインなのか?

Monetha(MTH) 取引所 伸びる

https://fuku6.com/archives/1913

コインを保有しようか悩んでいる方にとって気になるのが、Monetha(MTH)は今後伸びるのかですよね。

結論は出せませんが、「長期的に保有」するのであれば伸びそうなコインです。

分散型信頼評判システムの完全機能や、小売商人向けのインタフェースの開発、

イーサリウム基盤のモバイル支払いなどを可能にするとしていますから、

Monetha(MTH)が、目標として段階的に行おうとしていることが実現できれば、爆発的な伸びを見せるのではないでしょうか。

今までになったシステムが構築されるので、その価値は図りしれないものになるのではないでしょうか。

また、中国市場に重点をおいているため当たれば大きいといえます。

短期トレードなど違って、すぐに結果はでないかもしれませんが、ビットコイン同様にじわりじわり来るかもしれませんね。

ここ短期的な数年が見逃せないコインです。

Monetha(MTH)が目指す今後

①2018年初め

・e-コマースを活用し、ETHの利用を可能にする 

②2018年中ごろ(企業向きになってくる)

・イーサリウム基盤のトークンの利用可能

・加盟店は、ETHと法定通貨を交換できるようにすること

・自動契約化、リアルタイム分析、事業者提供のダッシュボード機能の追加。 

③2018年後半

・分散化システム構築と評価アルゴリズムの改善。

・モニーサウオレットの作成。

・ロイヤリティプログラムの有効化 

④2019年初め

・分散型の信頼と評価システムの完全機能

・モバイルウオレット バージョンアップ

・商人向けインタフェース 

⑤2019年中ごろ

・商人向けの分散型決済、信用評判システムの開発・導入

・商人向けのイーサリウム基盤のモバイル決済、法廷通貨に交換

・上位層商人向けに、購入履歴・分析などのインタフェースの開発 

スポンサーリンク

 

失敗しないために知っておきたいこと

Monetha(MTH) 取引所 伸びる

http://hardwarewallet.jp/

目に見えないものに価値が見いだされ、それがお金になるという考え方は理解しがたいものです。

仮想通貨は、生み出される新たな技術そのものに価値があるのです。

生まれた価値(技術)が世の中を変え、より良いものになっていくとしたら、大きなお金が動くわけです。

芽が出そうなコインを、価値の低い時に購入し大きくなるまで育てるといった感じです。

しかし、どんなコインにも言えますが、Monetha(MTH)も同じで「リスク」はついて回ります。

仮想通貨は誰もが購入しやすい、メディアでも取り上げられると素人でもできそうな気がしがちです。

始める前には、まず「ビットコイン」について知り尽くすと、仮想通貨がどのようなものなのかわかってくるのではないでしょうか。

安易に手を出せば、損失することもあります。

仮想通貨は、誰でも作ることが可能であり、仮想通貨詐欺が横行中です。

明確な目的のない、ただ「儲かる」といった勧誘には要注意です。

また、仮想通貨の管理方法が不十分だったりすると「盗難・紛失」などの恐れもあります。

取引所は、運営する能力があれば誰でも開設することが可能です。

それゆえに、不安定な取引所も存在します。

ハッキングなどの心配もありますが、取引所のウオレットで仮想通貨を保管していた場合、

閉設されると一緒に消えてしまうので注意が必要です。

保管は自身のウオレット(できるだけハードウォレット)で、二重鍵は絶対に使うようにすることが望ましいでしょう。

まとめ

今後Monetha(MTH)が大きく伸びることを期待したいところですね。

Monetha(MTH)を始めようと思ったらBINANCEで購入です。

メリットだけでなく、リスク管理などもしっかりと熟慮されてから始めてくださいね。

新たな技術開発で幸運が舞い込んでくるといいですね!

スポンサーリンク