イベント豆知識.com

イベント事や豆知識をお伝えします。

ふくしま花火大会2016の日程と見どころは?穴場スポットと駐車場情報

   

ふくしま花火大会

http://find-travel.jp/article/714

ふくしま花火大会は毎年行われるイベントの一つです。

福島県内でも指折りの大きさの規模を誇る大会です。花火は約1万発打ち上げられ毎年16万人ほどの人たちを魅了します。尺玉やスターマインが打ち上げられ百花繚乱とも言うべき花火は見ていて飽きることがありません。他の花火と違う点として厄払い、願い事の花火があがります。花火としては40年を超える伝統と歴史が今も続いているのです。

今回の記事ではそんな「ふくしま花火大会2016」の詳しい情報、また穴場スポットなどの豆知識をまとめています。

スポンサーリンク

 

ふくしま花火大会2016の日程とみどころは?

ふくしま花火大会

http://find-travel.jp/article/714

日程:2016年7月30日(土曜日)
時間:9時30分~20時40分
開催場所:信夫ヶ丘緑地公園(阿武隈川・松川の合流点)

この「ふくしま花火大会」の見どころは何と言っても花火ですよね。
合計1万発の花火が福島の夜空に舞います。観覧席にもなっている「信夫ヶ丘球場」には屋台が立ち並びます。

なみえ焼きそばを初めとする美味しい食べ物を買うことができますので花火を見ながら食べるというのも良いですね。

花火の定番である尺玉は勿論のこと、スターマインや願い事を祈願する「縁起花火」が打ち上げられます。
ちなみに8200円で5号玉のメッセージを購入できます。10号玉は41000円です。大切な人への気持ちを書いて応募してみましょう。

有料観覧席の情報

注目できる点として、この「ふくしま花火大会」の観覧席は500円と、かなりリーズナブルな値段設定になっています。他の場所だと2000円する所もありますよね。

観覧席は「信夫ヶ丘球場」です。約2000席準備されていますが残念ながら先着順で、無くなり次第終了となってしまいます。混雑が予想されますので早めに正面入口に並びましょう。

それに加え、車いす利用の方や高齢の方で、会場まで行くことができない方を対象に、優待観覧席が別途用意されています。

こちらは電話予約が必要になりますので、ふくしま花火大会実行委員会の電話番号の024-525-3720にお問い合わせ、予約をお願いいたします。

先着40名様までですので、早めの予約をオススメいたします。

スポンサーリンク

 

穴場スポットと駐車場の情報

新山霊園

墓地ですが高台の為きれいに花火が見れます。但し霊園ですので騒ぎ過ぎには注意しましょう。
会場から少し離れていますが、花火が良く見れるスポットですよ。

信夫ヶ丘緑地の反対側の岸辺

歩いて20分ほどかかりますが混雑せずにゆっくりと花火を楽しむことができます。きれいに花火を撮影したい方は川にかかる橋と花火を一緒に撮影できます。花火撮影専門で来ている方にとっては絶好のポイントですが、子ども連れで20分歩くのは結構大変かもしれません。

阿武隅川サイクリングロード

阿武隅川の川沿いにはサイクリングロードがあります。離れた場所でも花火が見れますのでサイクリングしながら一番景色の良い場所を探すこともできます。くれぐれも自転車とぶつからないようにマナーを守って見ましょう。

駐車場情報

駐車場に関してですが「ふくしま花火大会」のための駐車場が用意されていて無料で駐車することができます。合計1500台止めることができますよ。

  1. 福島競馬場(約1,300台):〒960-8114 福島県福島市松浪町9−23
  2. あぶくま親水公園(約300台): 福島県福島市岡部字上川原
  3. 北信支所(約50台):〒960-0102 福島県福島市鎌田字中江1

まとめ

「ふくしま花火大会」は毎年多くの人で賑わう有名なイベントの一つです。
混雑が予想されますが、迫力がありきれいな花火を見れることは間違いなしです。
もし悩んでいる方がいるならば、ぜひ行ってみて下さい。早めの来場を心がけて良いポジションと良いマナーで花火を楽しみましょう。

スポンサーリンク