イベント豆知識.com

イベント事や豆知識をお伝えします。

エアコンを自分で掃除!カビ除去のコツは?

   

エアコンの掃除を自分でやってみませんか

自宅のエアコン掃除がご自身でできる事をご存知でしょうか?

しっかりと準備をしてコツさえつかむことが出来たら、誰でも簡単にエアコン掃除が出来てしまいます。

エアコン掃除をしないと、空気中にカビの胞子をまき散らします。

カビの浮遊した空気を吸い込みアレルギー症状を引き起こすことさえもあります。

エアコンを購入してから一度も掃除を念入りにされたことがない方はエアコン掃除をお勧めします。

エアコンを自分で掃除し、カビを除去する方法をお伝えします。

スポンサーリンク

 

エアコン掃除のメリットとデメリット

エアコン掃除をするにあたり、メリットとデメリットをしっかりと考慮したうえで行う必要があります。

【エアコン掃除のメリット】

・熱交換器のフィンがキレイになるので、冷暖房効果が期待できます。

・ファンに付着したカビや汚れが除去され、臭い改善やカビが低減されます。

【エアコン掃除のデメリット】

・自己責任で掃除をする覚悟が必要です。

・取扱いを誤り基盤が壊れると、修理費用が結構かかります。

・ファン専用の洗剤はやや値段が高めです。

掃除の用意・準備はしっかりと!

エアコン掃除を始めてから、あたふたと慌てることがないように必要な用意・準備は事前に用意しておくことが大切です。

エアコン掃除に必要な物
・エアコン掃除用の洗浄剤(※)

・ゴミ袋

・小さめのビニールシート

・バケツ

・ブラシや古い歯ブラシ

・ウエスなど

・ガムテープ

・掃除機

※フィンとファンの掃除では洗浄剤が異なります。

専用の洗浄剤を使用しないと、破損する恐れがあります。

【事前準備】 (洗浄剤を使用すると、汚れが流れ出ます)

エアコン本体に流れ出る汚れの受け皿になるように、

ゴミ袋を取りつけます。

固定はガムテープで行います。

・周囲に汚れが飛び散ることもあるので、

適宜家具などを、ブルーシートや新聞で覆ってください。

エアコンの下にも新聞紙などを敷いて汚れ防止準備します。

スポンサーリンク

 

エアコン掃除の手順

エアコンを自分で掃除の手順をわかりやすくご紹介します。

エアコンのパネルを外します。

必ずコンセントプラグを抜いて下さい。

エアコン全体にホコリがついている場合には、

掃除機やウエスなどでホコリを除去します。

 

エアコンフィルターの掃除

掃除機でエアコンフィルターの表面のホコリを吸い取ります。

裏面から水洗いをすると、ホコリや汚れが良く取れます。

※一部製品に、水洗い不可のエアコンフィルターがあります。

取扱説明書で確認をお願いします。

タバコのヤニ汚れやべたつき汚れには、

ぬるま湯で中性洗剤や重曹水などを、

使用するときれいになります。

洗ったら、風通しの良い場所で陰干ししておきます。

 

冷却フィンの掃除

(フィン専用の洗浄剤を使います。)

エアコンフィルターを外すと、金属が見えます。

これが、熱交換器の冷却フィンです。

フィン専用の洗浄剤を、ムラなくスプレーします。

目立つ汚れがあれば、ブラシなどで優しくこすり取ります。

軽く水拭きして終了です。

 

送風ファンの掃除

(ファン専用の洗浄剤・リンスセットを使用します。)

エアコンの送風口から、奥を見るとファンが見えます。

ファン専用の洗浄剤をスプレーします。

ファンにムラが無いようにつける必要があります。

右方向、左方向からもスプレーしてまんべんなくつけます。

15分~30分放置します。

真っ黒い液体はカビなどの汚れです。

汚れが落ちたら、専用リンスで洗い流します。

 

全てのパーツを戻す

元通りにつけたら、送風およびドライエアコン内部を

30分ほど乾燥させます。

この時にも、水が飛びますので送風口近くで、

タオルやウエスを広げるようにしていると飛び散りません。

 

エアコンのリモコンもキレイに

リモコンも良く触りますので、

エタノールなどで拭き掃除しましょう。

 

 

エアコン掃除が不安なら専門業者にまかせる

エアコンの掃除は、電飾部分などが壊れると修理や買い替えなんてことにもなりかねません。

しっかりと構造を理解してから行う必要があります。

ご自身で掃除が不安な方は専門業者に依頼するのも方法だと言えます。

専門業者に依頼した場合には、7,000円~1万円前後が相場のようです。

依頼される方は、地域のお掃除専門業者に相談してみてくださいね。

まとめ

エアコンの掃除を自分で行う場合、スムーズにいって1時間ほどかかります。

天気の良いポカポカ陽気ののんびりできる日にでも済ませておきたいところです。

エアコンの掃除をしてこれからの稼働本番を気持ちよく迎えたいところですね。

エアコンの自分での掃除は、あくまでもご自身の責任の上で行うようにしてくださいね。

スポンサーリンク